FXのスプレッドとは?原則固定・変動制の意味とスプレッドが狭い厳選22社を紹介

FXは大学生から社会人、主婦やサラリーマンにも人気の高い投資方法です。少額からでも投資ができることや、大きく稼げる投資としてもSNSやTVなどのメディアでよく取り上げられています。

そんなFXの取引の中でスプレッドという必ず知っておかなければならない用語があります。本記事ではFXのスプレッドについての説明や解説などに加えて、おすすめのFX口座を紹介していきます。

Contents

FXをやるのに必要不可欠なスプレッドとは?

スプレッドという言葉は、日頃普通に生活しても耳にしないし、一般的には聞き慣れない用語ですが、FXにとっては必要不可欠なものです。

ここではFXのスプレッドとは何かについてさまざま事例を用いて解説していきます。

FXのスプレッドとは何か?

FXは通貨ペアを買ったり売ったりする金融取引です。買ったら売る、売ったら買うの繰り返しで利益を得るトレードを行います。

スプレッドとは買う時のレートと売るときのレートの差です。買った後は必ずそのポジションを売らなければならないので、スプレッドの分だけマイナスになります。

つまり、スプレッドの額が小さければ小さいほどトレーダーには有利になり、そのスプレッドの値は通貨ペアによってもFX会社によっても異なります。

FXは、売り注文用のレート「BID(ビッド)レート」と、買い注文用のレート「ASK(アスク)レート」を利用し、取引を行います。 この「BIDレート」と「ASKレート」の差を「スプレッド」といいます。

実際にFX取引をする際には、GMOクリック証券では1万通貨単位(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10万通貨単位)で取引を行いますのでスプレッド0.2銭の場合、 10,000通貨 × スプレッド0.2銭 で20円の差になります。

このことから、お取引をするうえでは、スプレッドが重要な指標の1つとなります。

引用元:GMOクリック証券

手数料とスプレッドとは何が違う?

トレードを行う時にスプレッドは必ず必要なので手数料なのでは?という意見もあります。

トレードにおける手数料は1回1回のトレード事にかかる必要経費です。1トレードで〇〇円とか、約定金額の何%とかいうもので、トレードとは別で計算されるものです。

スプレッドは確かにFX会社の利益に繋がるので手数料のようなものですが、取引に含まれるところが通常の手数料とは異なります。スプレッドは時間帯によっても変動することがあり、一定ではないことも大きな違いです。

スプレッドは完全固定されたものではございません。例外的に、市場の急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、スプレッドが拡大する場合があります。

引用元:GMOクリック証券

スプレッドの計算方法とは?

スプレッドは買いのレートと売りのレートの差だと説明しました。では、具体的にはどのように計算をするのでしょうか。

例えば、米ドル/円の買いレートが100.05円、売りレートが100.00円だったと仮定します。その場合のスプレッドは5銭になります。計算方法は、100.05-100.00=0.05です。

0.05円は5銭と換算されます。つまり、高い為替レートから低い為替レートを引いたものがスプレッドになるのです。トレーダーにとっては、スプレッドに取引量を掛けたものが実際の手数料金額になります。

「銭」と「pips」は何が違う?

FXではユーロ/ドルや米ドル/円のようにさまざまな通貨ペアを使ってトレードができます。日本円を使った通貨ペア、例えば米ドル/円やユーロ/円などのスプレッドは円単位、もしくは銭単位での表現ができます。

しかしながら、円を絡まない通貨ペアの場合はpipsという単位で表しています。これらの単位について、1銭は1pipsと考えてもらっていいでしょう。

銭はあくまでも日本の単位であって、日本人に馴染みがあるように表現しており、pips表記することも可能なのです。

スプレッドの単位は「銭」と「pips」の2種類あります。
ドル/円(USD/JPY)など、通貨ペアに日本円が含まれる場合は「銭」を使用します。

引用元:みんなのFX

FX会社によってスプレッドは違うのか?

スプレッドは取引を行う際には必ず必要な手数料のようなものです。したがって、スプレッドはFX会社の利益になるといっても過言ではありません。

実際のところ、スプレッドの値はFX会社によって異なります。スプレッドが狭いFX会社もあれば、少し広いFX会社もあります。

スプレッドの狭さを売りとしているFX会社があるのも事実です。しかしながら、スプレッドが狭いからといって、そのFX会社が優秀というわけではありません。スプレッド以外のサービスで差別化をはかっているFX会社もあります。

業界最狭水準のスプレッドをご提供!スプレッドにおける当社の取組もご注目ください!

引用元:SBI FXトレード

通貨ペアでスプレッドは変わる?

結論からいいますと、通貨ペアごとでスプレッドは異なります。最も狭いスプレッドの通貨ペアは米ドル/円のことが多いです。主な通貨ペアのスプレッドは以下のようになっています。

米ドル/円:0.2銭、ユーロ/円:0.4銭、ポンド/円:0.9銭

スプレッドの大小は通貨ペアの取引量によって異なります。流動性が高い通貨ペアほど、スプレッドが狭くなる仕組みです。米ドル/円は為替市場で世界第2位の取引量になって、市場の10%以上を占めているため、スプレッドも狭くなっているわけです。

FXでは「米ドル/円」や「ユーロ/円」など、多数の通貨ペアの中から取引するものを選べますが、通貨ペアによってもスプレッドは異なります。一般的には、取引量の多い通貨ほどスプレッドが小さくなる傾向があります。

特に取引量が多く人気の通貨ペアと言える「米ドル/円」のスプレッドは、各社が狭小化に力を入れ、業界全体で徐々にスプレッドが小さくなってきた歴史があります。

引用元:外為どっとコム

スプレッドが狭いといわれるレベルは?

スプレッドはFX会社によっても、通貨ペアによっても異なると説明しました。FX会社の広告で、スプレッドは業界最狭レベルとかいうフレーズを目にします。実際のところ、どの程度であれば、スプレッドが狭いと言えるのでしょうか。

米ドル/円であれば、スプレッドは0.3銭以下であれば狭いといえるでしょう。FX会社では0.1以下になっている会社もあります。ただし、FX会社によっては手数料が別で必要な会社もあります。上記はあくまでも手数料が不要の場合ですので注意してください。

スプレッドの「原則固定」の意味は?

FXのスプレッドは常に一定ではありません。その理由は通貨ペアの流動性によってスプレッドの大きさが変わるからです。

そこで、FX会社によっては原則固定という表現を広告に使用しています。この原則固定というのは、基本的には固定なのですが、一部例外があり、その場合のみ変動になるという意味です。

例えば、スプレッドの固定は朝の8:00から夜の21:30までなどのように時間帯によって固定する場合や、大きな事件(テロや戦争)や地震などの天災時は除くなどです。

【DMM FX】は取引手数料が無料のため、スプレッドのみが取引コストといえます。
また、スプレッドは原則固定ですが、主要国の祝日や取引時間の終了前後、経済指標の発表時など、市場環境の変化や流動性の低下等により、拡大する可能性があります。

引用元:DMM FX

スプレッドの「変動制」の意味は?

スプレッドの変動制とはその名の通り、スプレッドが変動します。住宅ローンの金利でも変動制と固定制があるように、スプレッドも変動制と固定制があるという感じです。

インターバンク市場では顧客に最良の状態で提供できるように売りと買いのレートを別々に決めているため、売りの買いのレートの差であるスプレッドも結果的には変動しています。

国内のFX会社のスプレッドは原則固定の場合が多いですが、FX会社によっては、インターバンク市場に従って変動制のレートで提供しているところがあります。

FXのスプレッドは取引にどんな影響がある?

ポジションを持った瞬間に、スプレッドの分だけマイナスになります。つまり、スプレッドが狭ければすぐに利益になりますが、スプレッドが広いと利益になるまで時間がかかるかもしれません。

このように、スプレッドはトレーダーの利益に直結するのです。

スプレッドは損益に影響を及ぼすのか?

ズバリ、影響はあります。影響がないというほうがおかしいです。特にスキャルピングという短期売買においては、かなりの影響があります。

あらたにポジションを持った時の損失はスプレッド✕取引量なので、スプレッドが広くしかも取引量が大きくなればなるほど、スプレッドでのマイナス分が大きくなってしまいます。

また、ポジションを持った時にトレーダーがプラスの利益になるには、スプレッド分をプラスした差益を得る必要があります。

スキャルピング(Scalping)とは、英語で表すと「頭皮を剥ぐ」という意味です。
つまり、「頭皮を剥ぐように薄い利益を、最小の時間内で確実にもぎ取ろう」とする売買手法のことをいいます。

数日から数週間程度のサイクルで売買を行うスイングトレードは、1回のトレードで数十銭から1円や2円程度の利幅を狙いますが、スキャルピングでは1日に数分から数十分程度のサイクルで数銭の利幅を狙い売買を繰り返して収益に繋げて行くことが一般的です。

引用元:JFX

スプレッドが広いとどれくらい不利なのか?

スプレッドが広いとトレーダーには不利であると説明してきました。では、具体的にどれくらい不利なのかを説明しましょう。

レートが予想した通りに5銭ほど動いたと仮定します。スプレッドが0.2銭だった場合は、利益が4.8銭になりますが、スプレッドが1銭だった場合は利益が4銭になります。

取引量を10万通貨で考えると、4.8銭は48,000円で4銭は40,000円と8,000円の差になります。1回の取引で8,000円は大きいのではないでしょうか。このように、取引量が大きければ大きいほど金額の差も大きくなります。

取引回数とスプレッドはどんな関係になるのか?

スプレッドが0.2銭で100回取引を行った時は、100回✕0.2銭で20銭ほどのマイナスになります。これが10回だと10回✕0.2銭で2銭ほどのマイナスになります。

1回の取引ではたった0.2銭ですが、トレード回数を重ねれば重ねるほど、実はスプレッドの額はかなりの金額になっているのです。塵も積もれば山となるという感じでしょうか。

つまり、取引回数が多ければ多いほどスプレッド分の金額が増えてしまうので、スプレッドは狭いほうがいいことになります。

スキャルピング手法はスプレッドの狭さが重要

スキャルピングは数秒から数分でエントリーから決済までを行う短期売買です。1回のトレードで得られる値幅は5銭程度だといわれています。

もしスプレッドが1銭だった場合はどうなるでしょうか。利益幅5銭のうち1銭がスプレッドとなり、20%もマイナスになります。

スプレッドが0.2銭であれば、4.8銭の利益になります。スキャルピングは1回で取れる値幅が狭いため、スプレッドの割合が大きければ大きいほど不利になります。つまり、スプレッドは狭ければ狭いほうがいいことになるのです。

スキャルピングでより多くの収益を上げるには、スイングトレードに比べ取引回数が多くなるためスプレッドが狭い(安い)ほど取引コストも抑えられ儲けやすくなります。MATRIX TRADERのスプレッドは、ドル円0.3銭、ユーロドル0.4pips、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.3銭と最高水準のスプレッド。さらにLot数が大きくてもスプレッドは原則固定となっています。

引用元:JFX

長期的取引で少額ならばスプレッドはあまり関係ない?

スキャルピングと異なり、長期的な取引であるスイングトレードでは、1回の取引で得られる値幅は1円以上(100pips以上)になることもあります。1円に対して、1銭は1%程度でしかなく、得られる利益にはほとんど影響しません。

さらには、スイングトレードは1か月に数回程度とトレードの回数も少ないため、スプレッド分の損失は抑えられます。スイングトレードは取引回数が少なく1回の値幅が大きいので、スプレッドが1銭だろうが0.2銭だろうがあまり影響はないのです。

FXのスプレッドが変動する理由は?

FXのスプレッドは原則固定にしているFX会社が多いですが、それでも完全固定ではなく、多少なりとも変動することもあります。ここでは、スプレッドが変動する要因について、いくつかを取り上げて具体的に説明していきましょう。

重要な経済指標前は取引量が減る

経済指標は世界中の国でほぼ毎日のように発表されています。通貨はその通貨を発行している国の経済状態と密接にかかわってくるので、FXで経済指標を無視することは不可能です。

特に重要な経済指標時にはスプレッドが大きく変動してしまいます。月初めのアメリカの雇用統計や各国の政策金利発表などがそれにあたります。

大きくレートが動くのですが、上下どちらに動くか誰もわかりません。したがって、指標前はポジションを決済して取引量が低下する傾向にあります。つまり、通貨の流動性がなくなり、それが原因でスプレッドが変動します。

米国の雇用統計やFOMC、世界各国の中央銀行の政策金利発表といった経済指標が発表されるときには、取引参加者が一斉に売買を行うことがあります。発表を受けて通貨を買いたいと思う人が多い場合は買いの注文が、売ってしまいたいと思う人が増えれば売りの注文が増えます。注文が偏ると需給のバランスが崩れ、外国為替市場全体でスプレッドが広がりやすくなります。そのため、FX会社を通じて提供される為替レートについてもスプレッドを広げざるを得なくなるという仕組みです。

引用元:松井証券

突発的なイベントでレートの急変動が起きる

テロや地震などの天災は誰も予想がつきません。そのような突発的なイベントがあった時は、為替レートは大きく変動します。

混乱時には買いたい人と売りたい人がぐちゃぐちゃに入り乱れて、インターバンク市場でも買いのレートと売りのレートが大きくかけ離れることがあります。

つまりは、買いのレートと売りのレートが大きくかけ離れると、結果的にスプレッドが広がります。原則固定のスプレッドとはいえ、さすがにレートの急変動には対応できず、大きくかけ離れたスプレッドになってしまうのです。

災害やテロ、経済に大きな影響を及ぼす事件など、突発的かつ重大な事象が発生した際にも、相場変動によってスプレッドが拡大しやすくなります。

最近の例としては、2020年春に新型コロナウイルス感染拡大による「コロナショック」を受けた大変動がスプレッドに大きな影響を与えました。

引用元:外為どっとコム

流動性が低い時間帯がある

年末年始やクリスマス時期、ロンドン市場やニューヨーク市場が休場の場合など、市場参加者が少ないと、流動性は落ちてしまいます。

買い手と売り手のミスマッチ、需要と供給のバランスがおかしくなるから、買いのレートと売りのレートが離れてしまうのです。

実は日本時間の早朝、つまりニューヨーク市場が終わってシドニー市場が開始するまでの時間にも同じようなことが起こります。日本時間の朝4時くらいから7時くらいがその時間帯にあたります。

FXのスプレッドが動きやすい時間帯

これまでの説明で、スプレッドの変動やその理由について理解していただけたのではないでしょうか。ここでは、実際に為替レートが大きく動いて、それに伴いスプレッドが変動しやすい時間帯について紹介していきます。

経済指標の発表前後に動く

重要な経済指標の発表時にはスプレッドが変動します。特に世界の基軸通貨である米ドルの発行元であるアメリカの主要な経済指標発表時に動きます。毎月月初めの金曜日に発表される雇用統計、GDP、FOMCによる政策金利などが主な指標です。

あらかじめ指標発表の時間がわかっており、為替レートがどちらに動くか予想がつきにくいので、この指標前にはポジションを決済しておくのがベストでしょう。仮にスプレッドが大きく変動しても何の影響もありません。

突発的な経済イベントの直後に動く

経済指標は年間のスケジュールが既に発表されていますので、事前に対策することができます。しかしながら、各国の大統領の発言などでも為替レートは大きく動きます。これらは突発的なもののため、事前の対処ができにくいのです。

しかしながら、上記を含めた経済のイベントは市場が開いている時間帯が多く、特に日本時間の夜であるニューヨーク市場であることが多いです。

年末年始などの流動性の低い時期に動く

スプレッドは流動性が低い時期に大きく広がる傾向があります。つまりは、市場参加者が少ない時です。年末やクリスマスは欧州のトレーダーはほとんどが休暇を取っていることが多く、市場は閑散としています。そのため、スプレッドは大きく開いています。

流動性の低い時期にトレードをしてもあまりいいことはないため、そういう時は休むのもいいかもしれません。

日本時間の早朝に動く

日本時間の朝方はスプレッドが大きく広がります。ニューヨーク市場が終わって、シドニー市場が始まるまでの時間帯にあたります。アメリカの深夜組や日本やオーストラリアの早起き組しか市場には参加しない時間帯になります。

市場は閑散としているため、為替レートもほとんど動きません。しかしながら、流動性が低くなるため、スプレッドは広がってしまいます。

また日本時間の午前6〜8時の間は、東京・ロンドン・ニューヨークが基本的には活動していない時間帯のため、外国為替市場全体の流動性が低下している時間帯になります。(ウェリントンやシドニーなどは活動している時間帯のため、取引自体はできますが、市場参加者が少ないです)

引用元:松井証券

FX会社をスプレッドで比較する時に気をつけておくべきこと

FX会社によって提供しているスプレッドは異なりますし、スプレッドは利益に直結するためFXのトレードで非常に重要な要素になります。ここではスプレッドでFX会社を比較するポイントについて、大きく3つを紹介していきます。

原則固定のスプレッドなのか?

スプレッドは変動する要因が多々ありますが、可能であれば固定のほうが好ましいです。なぜならば、利益の算出がわかりやすいからです。

スプレッドが変動だと利確の目標が多少なりとも変わってしまうのです。特に短期売買であるスキャルピングにはこれがあてはまるのではないでしょうか。

原則とはいえ、固定の期間が時間帯で決まっているのであれば、その時間帯でトレードすれば問題ないのではないでしょうか。

高い約定力があるか?

約定力はトレードに大きな影響を与えます。特に数銭の利幅を狙うスキャルピングにとっては、レートが滑って約定しないのは圧倒的に不利になります。

FX会社では約定力をアピールポイントとしている会社もあります。できれば、99%以上のところが好ましいです。約定力が高いと思った通りのレートで約定できるので、安心してトレードが可能になります。

スプレッドは狭いのに越したことがありませんが、「原則固定」のFX会社を選んだほうがいいことなど、いくつかの注意点について触れてきました。もう一つだけ付け加えておくとすれば、スプレッドとともに約定率 (自分が意図した通りのレートで売買が成立する確率)の高さもしっかりチェックしておいたほうがいいということです。

なぜなら、スプレッドが狭くてもなかなか約定しなければ、絶好のチャンスを逃してしまうことになりかねないからです。

引用元:みんなのFX

広告とリアルのスプレッドの差がないか?

FX各社ではWEBサイトでスプレッドを提示しています。中には、スプレッドの狭さを売りにしているFX会社もあります。しかしながら、広告で提示しているスプレッド通りにトレードができるかどうかはわかりません。

そのひとつの指標として、スプレッド提示率があります。この提示率が高ければ高いほど、広告とリアルのスプレッドに差がないことの証明になります。

初心者おすすめのスプレッドが狭いFX会社22選

DMM FX


出典:DMM FX

  • 登録後最短1時間で取引スタート!
    DMM FXはWEBサイトから申し込みを完了してから、実際にトレードを開始するまで、たったの1時間しか待つ必要がありません。通常は数日かかるのに対して圧倒的に早いスピードです。
  • 各種手数料が完全無料
    取引口座を開設する手数料、口座維持手数料、1回1回のトレードで必要な手数料、入金手数料、出金手数料などはすべて無料なので、安心してトレードができます。
  • PC・スマホともに充実の取引ツール
    大きな画面でチャートを詳細に分析したい時はパソコンのツールを使い、外出先などではスマホ用のアプリを使うなど、あらゆる場面でもチャンスを逃さずにトレードができます。 

編集部

DMM FXは80万口座以上と国内では大手のFX会社です。特にスマホ用アプリの使い勝手が非常にいいと好評です。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
80万口座以上
最小取引単位 10,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 21
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド
※2022年3月時点
米ドル/円 : 0.2銭
ユーロ/円 : 0.5銭
ポンド/円 : 1.0銭
両建
法人口座
対応銀行数 340行(クイック入金)

現在実施中のキャンペーン

・スプレッド縮小キャンペーン

2022年6月1日まで、クロス円の3通貨でスプレッド縮小のキャンペーンを開催中です。各通貨ペアのスプレッドは、スイスフラン/円(1.8銭→1.2銭)、ニュージーランドドル/円(1.2銭→0.8銭)、カナダドル/円(1.7銭→0.7銭)です。

・最大20万円キャッシュバックキャンペーン
口座開設完了日から3か月以内に新規取引を行えば、取引量に応じて最大で20万円のキャッシュバックがもらえます。新規取引のみのカウントで決済取引は対象になりません。3か月後の取引量でキャッシュバックの金額は決まります。

編集部

1,000万通貨から2,000万通貨の取引で10,000万円、40,000万通貨以上の取引で20万円のキャッシュバックを受け取れます。

公式HPを見る

GMOクリック証券


出典:GMOクリック証券

  • 業界トップクラスの取引コスト
    GMOクリック証券はスプレッドは米ドル/円で0.2銭と業界では最も狭いレベルです。さらには、口座開設手数料や維持手数料が無料なので、気軽に口座開設ができます。
  • 初心者〜上級者まで抜群の使いやすさ
    GMOクリック証券の取引ツールはWindowsやMacなどのパソコンやタブレッドの他、スマートフォン用のアプリやアップルウォッチなどさまざまな機種に対応し、初心者から上級者まで使い勝手が非常にいいと好評です。
  • 24時間サポート無料
    FXを始めたばかりの初心者の人には入金方法やトレードの発注の仕方など実際にやってみないとわからない不明点がありますが、GMOクリック証券では24時間サポートができるので安心です。

編集部

国内FX会社の老舗であるGMOクリック証券はスプレッドも狭く、低コストでの安定した取引が可能なFX会社です。

公式HPを見る

口座数
※2022年3月時点
74万口座以上
最小取引単位 10,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 20
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド
※2022年3月時点
米ドル/円 : 0.2銭
ユーロ/円 : 0.5銭
ポンド/円 : 1.0銭
両建
法人口座
対応銀行数 12行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設で最大30万円キャッシュバック
FX取引口座開設月を含めた3か月で、取引量に応じてキャッシュバックを実施しています。キャッシュバックは3か月後に受け取ることができます。50,000万通貨を取引すれば最大の30万円のキャッシュバックです。

編集部

キャッシュバックの取引量の対象は、新規取引のみで決済取引は含まれません。

公式HPを見る

外為どっとコム


出典:外為どっとコム

  • 初心者も安心の充実した学習環境
    外為どっとコムではまったくの初心者の人が学ぶべき知識からプロのトレーダーが使えるようなトレード手法までの動画を無料で見ることができ、適時開催されるセミナーにも無料で参加できます。
  • 100円程度の少額資金から取引OK
    FXはまとまった金額がなくても、100円程度のお小遣いでも投資が可能です。外為どっとコムではFX積立で決まった額を決まったタイミングで100円程度から購入できます。
  • 各種手数料0円!
    外為どっとコムは取引手数料が無料なほか、口座にかかる開設手数料や維持手数料は無料です。また、入金手数料や出金手数料も無料なので、トレード以外で必要な手数料は0円です。

編集部

外為どっとコムはFXのセミナーや情報提供が非常に優れています。

公式HPを見る

口座数
※2022年2月時点
56万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 5,000,000通貨
通貨ペア数 30
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド
※10,000通貨時
米ドル/円 : 0.2銭
ユーロ/円 : 0.4銭
ポンド/円 : 0.7銭
両建
法人口座
対応銀行数 10行

現在実施中のキャンペーン

・口座開設キャッシュバックキャンペーン
新規口座開設を行い、1万通貨以上の取引をすれば、2,000円のキャッシュバックがもらえます。さらに、口座開設した月から翌々月末までの3か月の取引量に応じて、最大で30万円のキャッシュバックがもらえます。

・総額1億円キャンペーン
第1弾から第4弾まである第1弾として、新規取引を1回でも行えば抽選で12,500名に現金2,000円がもらえます。第1弾は2022年7月2日までで、今後第2弾、第3弾、第4弾とプレゼントキャンペーンが公表されていく予定です。

編集部

2,000円をもらえるキャンペーンのハードルはかなり低くおすすめです。

公式HPを見る

LIGHT FX


出典:LIGHT FX

  • 業界最高水準のスワップ
    LIGHT FXのスプレッドは米ドル/円で0.2銭、ユーロ/円で0.4銭、ポンド/円で0.9銭です。ポンド/円で1銭を切るのは業界でも非常に狭いレベルにあると言えるでしょう。
  • 固定スプレッドで安心取引
    LIGHT FXのスプレッドは変動制ではなく、固定のスプレッドなので、スプレッドを特に意識してトレードする必要がありません。狭いスプレッドが固定されているのはありがたいです。
  • 使いやすさが評判の高機能ツール
    LIGHT FXのチャートツールにはメジャーなテクニカル指標から少しマイナーな指標までを多数取り揃えた高性能なツールになっており、熟練したトレーダーにも使い勝手がよいと高評価されています。

編集部

スプレッドが狭くて、最小で1,000通貨から取引を始められるので初心者には始めやすいFX会社です。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月
4万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 28
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円0.2銭
ユーロ/円0.4銭
ポンド/円0.9銭
両建
法人口座
対応銀行数 340行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設で最大50,000円キャッシュバック
新規口座開設を行った当月を含めて、3か月の間にトレードを行ったら、その取引量に応じて最大で50,000円のキャッシュバックを実施しています。キャンペーンの申込期間は2022年7月1日までです。

編集部

キャンペーンは申込制なので取引を行う前に申込を忘れないようにしておきましょう。

公式HPを見る

みんなのFX


出典:みんなのFX

  • 損失を最小限に抑えられる少額取引可能
    FXは資金をなるべく減らさないことが大事ですが、最小取引単位が1,000通貨と少ないのはリスクを低減できるので非常に好ましい取引環境です。
  • 業界最狭水準のスプレッド
    提示しているスプレッドは米ドル/円で0.2銭、ユーロ/円で0.4銭、ポンド/円で0.8銭となり、日本で人気の高い3通貨ペアで1銭を切っているのは最狭水準レベルでしょう。
  • 高金利通貨のスワップに定評あり
    メキシコペソ/円やトルコリラ/円などの高金利通貨での取引が可能で、スワップポイントは業界で高い水準であることは間違いなく、長期投資でも活用することができます。

編集部

スプレッドが狭いだけではなく、スワップポイントも高いことから、短期や長期などのさまざまなトレード方法に対応できます。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
40万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 28
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.4
ポンド/円 : 0.8
両建
法人口座
対応銀行数 380行

現在実施中のキャンペーン

・最大50,000円キャッシュバックキャンペーン
新規口座開設を行った月から翌々月末までの3か月で取引量に応じてキャッシュバックを実施しています。キャッシュバック金額は最大で50,000円です。キャンペーンは2022年6月30日までに口座開設を行った人が対象になります。

・資源国・高金利通貨キャンペーン

 資源国や高金利通貨で10Lotの取引を行えば、ニュージーランドドル/円、トルコリラ/円、カナダドル/円、南アフリカランド/円は3,000円、豪ドル/円、メキシコペソ/円で2、000円のキャッシュバックがもらえます。キャンペーンは2022年5月31日までです。

編集部

資源国・高金利通貨キャンペーンは比較的達成しやすいキャンペーンです。

公式HPを見る

LION FX(ヒロセ通商)


出典:LION FX

  • 豊富な取引ツールで使いやすさ抜群
    LION FXではパソコンの大きな画面でチャートが見られるようなツールから、スマートフォン用のアプリ、もしくはインターネットのWEB画面による取引ツールまで、さまざまな環境で使いやすい取引ツールを使用できます。
  • 少額資金から取引OK!
    最小取引単位が1,000通貨なので米ドル/円の場合であれば、1万円を口座に入金すれば米ドル/円で1,000通貨のトレードが可能となり、少額資金からの取引がOKです。
  • とにかく安い取引コスト
    LION FXのスプレッドは米ドル/円で0.2銭と業界では最も狭いレベルです。また、1回ごとの取引手数料も必要なく、諸経費にかかる手数料も無料なので取引コストを安く抑えることができます。

編集部

1,000通貨での取引が可能で、スプレッドが狭いLION FXは少額からトレードする人に向いています。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
29万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 51
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.5
ポンド/円 : 1.0
両建
法人口座
対応銀行数 380行

現在実施中のキャンペーン

・のりかえキャッシュバックキャンペーン
他社からLION FXに乗り換えて、米ドル/円・ユーロ/ドル・ユーロ/円・豪ドル/円・ポンド/円で10万通貨の取引を行えば、2,000円のキャッシュバックがあります。キャンペーン期間は2022年5月31日です。

・新規開設キャッシュバックキャンペーン
新規口座開設を行い、キャンペーン期間である2022年6月8日までにポンド/円で取引を行えば、取引量に応じて最大で50,000円のキャッシュバックを受けることができます。LION FXはポンド/円のスプレッドが狭いので安心です。

編集部

新規口座開設のキャンペーンでキャッシュバックを受けるには15万通貨以上の取引が必要です。

公式HPを見る

松井証券


出典:松井証券

  • 投資信託が100円から購入可能
    松井証券はもともとは株式投資のインターネット取引のパイオニアです。そのため、FX以外でも信託投資を扱っており、100円から購入することができます。
  • 運用も楽々!充実の取引機能
    松井証券のFXでは最小の取引単位が1通貨です。そのため、必要な証拠金が少額で済み、毎月決まったタイミングでの積立方式の運用を無理なく続けることができます。
  • 手数料の安さが魅力
    スプレッドは米ドル/円で0.2銭、ユーロ/円で0.5銭、ポンド/円で1.0銭と業界ではトップレベルの狭さです。FXの取引にかかる手数料も無料なので、手数料を安く抑えたい人にはおすすめです。

編集部

松井証券はFXを含めた総合証券会社なので、株式投資にも興味がある人はおすすめです。

公式HPを見る

口座数 10万口座以上
最小取引単位 1通貨
最大取引単位 2,000,000通貨
通貨ペア数 20
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.5
ポンド/円 : 1.0
両建
法人口座
対応銀行数 17行

現在実施中のキャンペーン

・総額1億円還元キャンペーン
松井証券に口座を開設して、投資信託の積立を合計で10,000円以上すると、最大10万名に現金10,000円または松井証券ポイント1,500pがもらえます。キャンペーンは2022年12月30日までです。ポイントはAmazonギフト券などのさまざまな商品と交換できます。

・新規口座開設で200ポイントプレゼント
松井証券に新規で口座を開設するだけで、200ポイントをもらうことができます。口座は無料で開設できるので、この機会に開設してみてはいかがでしょうか。キャンペーン期間は2022年6月30日までです。

編集部

新規口座開設キャンペーンは気軽で簡単に参加できます。

公式HPを見る

外貨ex byGMO


出典:外貨ex byGMO

  • スマホアプリで簡単取引
    スマートフォン用のアプリでもメジャーなテクニカル指標を使ったチャート分析ができますし、チャートから注文を出せるので、簡単に取引を行うことができます。
  • 高水準のスワップポイント
    外為ex by GMOは国内のFX会社の中では高水準のスワップポイントを提供しているので、スワップ投資目的の長期保有用の口座としても活用することができます。
  • 業界トップクラスの低スプレッド
    外為ex by GMOは米ドル/円で0.2銭、ユーロ/円で0.5銭、ポンド/円で1.0銭と業界トップクラスの低いスプレッドを提供しています。取引コストを安くできるので、狭いスプレッドの会社はありがたいです。

編集部

高水準のスワップポイントと低スプレッドを提供しているので、どんな取引スタイルにも対応できます。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
40万口座以上
最小取引単位 1,000
最大取引単位 2,000,000
通貨ペア数 24
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2銭
ユーロ/円 : 0.5銭
ポンド/円 : 1.0銭
両建
法人口座
対応銀行数 9行

現在実施中のキャンペーン

・口座開設キャンペーン
新規口座開設を行ってトレードを行えば、キャッシュバックを受け取れます。その月を含めた3か月の取引量でキャッシュバックの金額は決まり、最高で150,000円のキャッシュバックが可能です。キャンペーンは2022年6月30日まで有効です。

・毎月最大100万円現金キャッシュバック
外為exでは毎月の取引額に応じて現金のキャッシュバックを実施しています。最大で100万円というのはかなり大きな額です。スプレッドも狭く、毎月数多くのトレードを行う人には非常にありがたいキャンペーンでしょう。

編集部

口座開設キャンペーンを受けるためには、改めての申し込みをする必要はありません。

公式HPを見る

セントラル短資FX


出典:セントラル短資FX

  • 各種手数料0円!
    セントラル短資FXでは取引ごとの手数料はゼロ円、口座開設や口座維持手数料もゼロ円、オンライン入金や出金に関わる手数料もゼロ円と、各種手数料がすべて0円となっています。
  • 1,000円通貨から取引OK
    取引通貨単位が少なければ少ないほど、少額からのトレードができます。セントラル短資では1,000通貨単位でトレードができるので、初心者の人には安心してトレードができる環境でしょう。
  • LINEで確認できる最新マーケット情報
    セントラル短資FXでは、スマートフォン用のアプリであるLINEにFXのマーケット情報を配信しています。急な値動きや経済指標などを知らせてくれるので非常に便利です。

編集部

セントラル短資FXは老舗のFX専門会社で、安心してトレードができる環境を提供しています。

公式HPを見る

口座数 20万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 25
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.4
ポンド/円 : 0.6
両建
法人口座
対応銀行数 11行

現在実施中のキャンペーン

・ユーロ通貨ペアで最大500,000円キャッシュバック
ユーロ/米ドル・ユーロ/円、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド、ユーロ/スイスフランの通貨ペアを取引すると、取引量に応じて最大で500,000円のキャッシュバックがもらえます。

編集部

キャンペーンは申し込み制なので、マイページから事前に申し込むようにしましょう。

公式HPを見る

外為オンライン


出典:外為オンライン

  • 使いやすさが魅力!充実のシステム環境
    パソコン用の取引ツールでは画面のカスタマイズが可能であったり、スマホのアプリは直感的に操作がわかりやすかったりとユーザーの使いやすさに焦点をあてた取引システムが魅力です。
  • 豊富な情報提供で投資戦略をサポート
    会員限定のFXニュース配信や無料のセミナーへ参加できたりと、初心者の人からプロのトレーダーまで、明日への投資に活用できるような豊富な情報コンテンツが人気です。
  • 為替オンラインの自動売買が人気
    外為オンラインではiサイクル2というリピート系の自動売買を無料で利用できます。設定も難しくなく、この自動売買を目当てに口座開設を行っている人も多いでしょう。

編集部

24時間ほったらかしでFX売買ができる自動売買を利用できるのが人気の秘密です。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月
60万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 5,000,000通貨
通貨ペア数 26
取引手数料 0円
※iサイクル2取引、サイクル2取引…新規及び決済取引にそれぞれ取引手数料が発生します。
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 1.0
ユーロ/円 : 2.0
ポンド/円 : 4.0
両建
法人口座
対応銀行数 12行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設で最大150,000円キャッシュバック
新規に口座を開設して、100万通貨以上の取引を行えば、キャッシュバックが得られます。対象の期間は口座開設をした月と翌月と翌々月の3か月です。最大で150,000円のキャッシュバックが可能です。

編集部

キャッシュバックを受け取れるのは、口座開設を行った月から3か月後です。

公式HPを見る

トライオートFX


出典:トライオートFX

  • 簡単設定でできる自動売買
    トライオートFXでは自動売買でトレードを行うことができます。初心者の人でも簡単に自動売買の設定ができるようになっているのがトライオートFXの特徴です。
  • カスタマイズ性に優れ自由度が高い
    トライオートFXの自動売買はあらかじめ決められたシステムを選択するのですが、慣れた人であればその自動売買を自分なりにカスタマイズすることができます。
  • 取引コストの安さが人気!
    自動売買システムを無料で利用できるトライオートですが、スプレッドも他のFX会社に負けず劣らずで、業界の最も狭いレベルのレートを提供しており、取引コストが安くなります。

編集部

自動売買を初心者の人でも簡単に設定・稼働できるのはうれしい限りです。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
40万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 2,000,000通貨
通貨ペア数 17
取引手数料 0円
※自動売買注文では全通貨ペア一律でマークアップ手数料がかかります。
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.3
ユーロ/円 : 0.5
ポンド/円 : 1.0
両建
法人口座
対応銀行数 7行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設キャンペーン
新規でトライオートFXの口座開設、取引を行えば、最大で30,000円のキャッシュバックがあります。キャッシュバックの対象期間は口座申込の月と翌月の2か月間です。キャッシュバック取引量は自動売買と裁量トレードで異なるので注意が必要です。

・「チャートメイク」リリース記念キャンペーン
チャートメイクで作った自動売買で取引を行うと、1lotごとに50円のキャッシュバックがあります。キャンペーンの期間は2022年5月31日までの取引が対象です。既に口座を持っている人も対象になります。

編集部

オリジナルの自動売買システムで取引を行って、キャッシュバックを受けられるのはありがたいです。

公式HPを見る

SBI FX トレード


出典:SBI FX トレード

  • 1ドルからFX取引OK!
    SBI FXトレードは最小の取引単位が1通貨単位と少額取引には非常に適したFX会社です。具体的には米ドル/円だと130円程度で取引ができることになります。
  • 業界最狭水準の低スプレッド
    SBI FXトレードはスプレッドが狭いことで有名です。1,000通貨までであれば、米ドル/円のスプレッドは0.09銭です。1万通貨の場合でも0.19銭と国内のFX業界ではトップクラスのスプレッドです。
  • 初心者〜プロまで納得の取引ツール
    パソコン用の取引ツールでは取引画面のカスタマイズができたり、テクニカル指標を29種類も選択できたり、チャートを最大で30表示できたりと、プロトレーダーでも使い勝手がよいツールになっています。

編集部

スプレッドが0.09銭なのは少額トレーダーには非常にありがたいです。

公式HPを見る

口座数
※2020年9月時点
約30万口座
最小取引単位 1通貨
最大取引単位 10,000,000通貨
通貨ペア数 34
取引手数料
その他手数料
スプレッド
※1,000通貨時
米ドル/円 : 0.19
ユーロ/円 : 0.3
ポンド/円 : 0.9
両建
法人口座
対応銀行数 7行

現在実施中のキャンペーン

・スプレッド縮小キャンペーン
日本人に人気の2つの通貨ペアでスプレッド縮小のキャンペーンをやっています。豪ドル/円(0.6銭→0.58銭)、ポンド/円(0.9銭→0.88銭)です。キャンペーン期間は2022年6月1日の取引分までです。

・新規口座開設キャンペーン
新しくSBI FXトレードで口座を開設して、200万通貨以上の取引を行うと、最大で50,000円のキャッシュバックがあります。対象期間は、開設月と翌月の2か月間です。キャンペーンは2022年5月31日まで行っています。

編集部

SBI FXトレードはもともとスプレッドが狭い会社ですが、さらに狭くなるキャンペーンはうれしいです。

公式HPを見る

LINE FX


出典:LINE FX

  • 初心者も嬉しい低額取引コスト
    LINE FXはスプレッドが狭く、ユーロ/円で0.3銭と低コストで取引ができます。トレードにかかる手数料はもちろん無料ですし、口座開設などの諸経費も無料なので低コストで取引を始められます。
  • LINEならではの通知機能で取引タイミングを逃しづらい
    LINEはスマホユーザーの多くが使用しているアプリです。そのLINEと連携することで、相場の急展開や経済指標などの情報を通知し、タイミングを逃さずにトレードができます。
  • 充実のサポート体制
    LINE FXでは、アプリのLINEを使ってのサポート対応が可能です。わからないことや不明点があった場合に、LINEで気軽に 相談できる環境にあるのは初心者の人には助かります。

編集部

LINE FXはスマホ用アプリのLINEとの連携が簡単にできるのがいいですね。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
10万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 23
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.3
ポンド/円 : 0.5
両建
法人口座
対応銀行数 7行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設&取引で最大5,000円プレゼント
LINE FXで新規口座開設を行い、1回以上の取引を行うとキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックの金額は翌月末までで10,000通貨未満であれば1,000円、10,000通貨以上であれば5,000円です。

編集部

新規口座開設後、翌々月末までの取引量に応じて、最大で50,000円のキャッシュバックを受けられます。

公式HPを見る

FXブロードネット


出典:FXブロードネット

  • FX初心者ユーザーが多く安心
    FXブロードネットはトラッキングトレードという自動売買を利用できます。このシステムの設定は難しい知識も必要ないため、初心者にも優しいFX会社になります。
  • シンプルなツールで使いやすい
    FXブロードネットは新規口座開設者のうち初心者の人の割合が多いため、FXの取引ツールはシンプルで直感的に操作がわかりやすいように工夫されています。
  • 24時間いつでも自動売買可能!
    トラッキングトレードという自動売買を利用すれば、仕事中でも寝ている間でも戦略通りに24時間中ずっとチャンスを逃さずにトレードをやってくれるのが嬉しいです。

編集部

自動売買のトレッキングトレードを使いこなしてみるものいいですね。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
20万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 24
取引手数料 0円
※トラッキングトレードは1ロットあたり新規手数料200円(ライトコースは20円)と決済手数料200円(ライトコースは20円)が発生します。
その他手数料 0円
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.5
ポンド/円 : 1.0
両建
法人口座
対応銀行数 12行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設と取引でキャッシュバックキャンペーン
FXブロードネットで新規口座開設を行い、20万円以上の入金で2,000円、200万通貨以上の取引で10,000円、トラッキングトレードの取引で5,000円、さらに友人紹介で3,000円と最大で20,000円のキャッシュバックがもらえます。

編集部

キャッシュバックのチャンスが4つもあるのはうれしいですね。

公式HPを見る

FXプライム


出典:FXプライム

  • 低コスト・少額取引OK!
    FXプライムは最小取引単位が1,000通貨単位なので、元手となる資金が1万円程度の少額からでもトレードができます。スプレッドも業界のトップレベルの狭さなので低コストでのトレードができます。
  • 高い機能性が自慢の取引ツール
    FXプライムが提供するプライムチャートには業界最高水準である54種類ものテクニカル指標を搭載しており、高い機能性を有した取引ツールになっています。
  • 充実の無料オンラインセミナー
    FXプライムで口座開設を行えば、毎週のように開催されているオンラインセミナーに無料で参加できます。プロトレーダーの生の声を聴ける貴重なセミナーとして人気があります。

編集部

スマートフォン用のアプリでも機能性に優れた取引ツールを提供しています。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
20万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 2,000,000通貨
通貨ペア数 20
取引手数料 0円
※1万通貨未満片道3銭 1万通貨以上無料
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.3
ユーロ/円 : 0.6
ポンド/円 : 1.1
両建
法人口座
対応銀行数 11行

現在実施中のキャンペーン

・ドル/円キャッシュバックキャンペーン
新規取引数量に応じて、最大で10万円のキャッシュバックが、さらには1回の取引が50万通貨を超えた場合は最大で20万円のキャッシュバックが、合計で最大30万円のキャッシュバックを受けられます。

編集部

ドル円のキャッシュバックキャンペーンは別途申し込みの必要があります。

公式HPを見る

アイネット証券


出典:アイネット証券

  • 初心者に人気の自動取引ツール
    難しい知識やFX経験が少ない人でも安心して使用できる自動売買のループイフダンが人気です。設定方法もわかりやすく、24時間ずっとチャンスを逃すことなくトレードを行ってくれます。
  • 各種手数料が全て無料!
    ループイフダンの自動売買は無料で利用でき、取引手数料や口座開設手数料、口座維持手数料やクイック入金手数料、出金手数料などの各種手数料が全て無料なのもありがたいです。
  • 専門スタッフによる安心サポート
    ループイフダンは簡単に設定できますが、もしわからないことがあれば専門スタッフに気軽に聞けるので、安心して自動売買のトレードを行うことができます。

編集部

自動売買のループイフダンを使いこなして利益を上げていきましょう。

公式HPを見る

口座数
※2021年1月時点
9万口座以上
最小取引単位 10,000
最大取引単位 5,000,000
通貨ペア数 24
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.7銭~1.8銭
ユーロ/円 : 1.4銭~2.0銭
ポンド/円 : 2銭~5.2銭
両建
法人口座
対応銀行数 12行

現在実施中のキャンペーン

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
アイネット証券で新しく口座開設を行い、取引を行うことでキャッシュバックがあります。条件は口座開設完了日から30日以内の取引数量が500万通貨以上で30,000円のキャッシュバックがあります。

編集部

自動売買を使うことでキャッシュバックも意外と簡単かもしれませんね。

公式HPを見る

JFX


出典:JFX

  • 高い約定力に定評あり!
    JFXは約定スピードが最速の0.001秒と業界でもかなり早い約定力を誇っています。これは取引サーバーが強靭だからできる技なので、トレーダーは安心してトレードができます。
  • 初心者も安心の高機能ツール
    JFXでは世界中のトレーダーに人気のMT4という取引ツールを使用できます。数多くのテクニカル指標を搭載し、操作性も高いことから初心者からプロのトレーダーまで幅広い層で利用されています。
  • スキャルピング取引もOK!
    JFXはスキャルピングがOKなFX会社です。サーバーに大きな負担をかける可能性があるスキャルピングを認めているのは、強靭なサーバーを有しているからでしょう。

編集部

スキャルピング専用の口座として開設してもいいFX会社ではないでしょうか。

公式HPを見る

口座数
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 37
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2~0.9銭
ユーロ/円 : 0.4~1.6銭
ポンド/円 : 1~2銭
両建
法人口座
対応銀行数 380行

現在実施中のキャンペーン

・人気グルメプレゼントキャンペーン
JFXはよく食材のキャンペーンをやっています。対象期限が2022年6月1日までの分では、A4等級宮崎牛ステーキ180gです。取引数量が2000万通貨以上で1枚、4000万以上で2枚です。それ以外にも親子丼やあんかけなどさまざまな食材をゲットできます。

・新規口座開設キャンペーン
新規で口座を開設して2022年7月1日までに一定の取引数量をトレードすると、最大で100,000円のキャッシュバックがあります。さらに、マイナンバー登録と口座開設完了で1,000円も追加され、合計で101,000円です。

編集部

新規口座開設と食材のキャンペーンは併用することができます。

公式HPを見る

IG証券


出典:IG証券

  • 世界各国のトレーダーも利用する本格派
    IG証券はロンドンに本拠地を置く世界的に有名な証券会社です。FX以外でも先物、株式、CFDなどさまざまな金融商品を扱っています。世界標準のFX会社といってもいいのではないでしょうか。
  • ワンストップで多様な資産クラスの取引が可能
    世界標準のFX会社だけあって、さまざまな資産に対応した取引が可能です。日本のFX会社は100万通貨が最大取引量であることが多いのですが、IG証券は制限がなくトレードを行うことができます。
  • 人気急上昇中の「ノックアウト・オプション」
    リスクを限定した取引として「ノックアウトオプション」が人気です。最大損失額をあらかじめ決めておくので、損切が苦手な人でも1回の取引で資産の大半を失うことはありません。

編集部

FX以外でもノックアウトオプションやバイナリーオプションなどさまざまサービスがあります。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
30万口座以上
最小取引単位 10,000通貨
最大取引単位
通貨ペア数 101
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.5
ポンド/円 : 1.0
両建
法人口座
対応銀行数 8行

現在実施中のキャンペーン

・選べる新規口座開設キャンペーン
新規で口座開設を行い、IG証券のTwitterをフォロー、口座申し込み後30日以内に初回取引を行うと5,000円が、さらに取引数量が増えると最大で45,000円が追加でキャッシュバックされます。

編集部

最初の5,000円の達成条件はハードルが低いのでチャンスかもしれません。

公式HPを見る

マネーパートナーズ


出典:マネーパートナーズ

  • 人気4通貨ペアで業界最狭スプレッド!
    マネーパートナーズのパートナーズFX nanoでは、人気の高い米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円のスプレッドが原則固定で、なんと0.0銭と業界で最も狭いスプレッドを提供しています。
  • 100通貨単位で取引OK
    パートナーズFX nanoでは最小取引単位が100通貨なので、少額での資金からFXの取引を気軽にできます。大きな資金の必要がなく、初心者の人でも安心してトレードができます。
  • PCでもスマホでも楽々簡単操作
    パソコンでもスマホでもマネーパートナーズのFX取引ツールはシンプルな画面で簡単操作が特徴です。ユーザーの声を随時取り入れながら改良しているのもポイントです。

編集部

パートナーズFX nanoはスプレッドも狭く、最小取引単位が100通貨なので低コストで取引ができます。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
14万口座以上
最小取引単位 10,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 24
取引手数料 0円
※受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料がかかります。
その他手数料
スプレッド
両建
法人口座
対応銀行数 8行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設キャンペーン
新規口座開設を行い、翌月末までに合計1万通貨以上の取引を行えば、1,000円のキャッシュバックを受けられます。さらに、CFD口座を作り金/ドルを1単位以上で2,000円、暗号通貨CFDを作りビットコイン/円で0.01以上の取引で2,000円、合計で5,000円がもらえます。

編集部

新規口座開設キャンペーンにはエントリー不要で参加できます。

公式HPを見る

マネースクエア


出典:マネースクエア

  • 特許取得済の自社開発ツールが人気!
    マネースクエアはトラリピというリピート系注文システムで人気の高いFX会社です。昔から取引ツールの開発に力を入れており、特許の取得件数が多いのも特徴です。
  • 預かり口座残高増加者の確かな実績あり
    トラリピはレバレッジを低くして、長期的に資産をすこしずつ増やしていくことが可能なので、口座残高が増えている人の数も多いという実績があります。
  • 実績のあるFXプラットフォームを採用
    マネースクエアは自社でプラットフォームを開発するような会社で、歴史あるシステムを改良し続けることで、システムの安定性やユーザーの使い勝手などに優れています。

編集部

トラリピを上手く活用することで、気軽に利益が出せると人気のFX会社です。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月
30万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 2,000,000通貨
通貨ペア数 15
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.3
ユーロ/円 : 0.4
ポンド/円 : 0.7
両建
法人口座
対応銀行数 10行

現在実施中のキャンペーン

・新規口座開設&トラリピ応援キャンペーン
2022年6月30日までのキャンペーン期間にマネースクエアCFD口座を新たに開設して、トラリピの注文を1枚以上行うのが条件です。翌月末までに取引数量に応じて最大で3,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

編集部

トラリピを使いこなしてキャンペーンを上手く利用しましょう。

公式HPを見る

みんなのシストレ


出典:みんなのシストレ

  • SNS感覚で本格トレードができる
    みんなのシストレはシステムトレードをメインとしたFX会社です。自分がトレードするのではなく、トレード戦略を選んでシステムがトレードしてくれるため、気軽にFX投資ができます。
  • 3ステップの簡単設定
    システムの設定方法は簡単で、検索する・選択する・取引開始するの3ステップでFXの取引を開始することができます。初心者の人でも難しい知識は必要ないため、気軽にトレードができます。
  • 少額から気軽に取引できて安心
    自動売買機能があるのに、最小取引単位は1,000通貨単位です。証拠金が少なくて済むため、複数のシステムを同時に稼働させることで、リスク分散が可能になります。

編集部

自動売買のシステムをSNSのフォロー感覚で簡単に選択できるのはうれしいですね。

公式HPを見る

口座数
※2022年1月時点
40万口座以上
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 1,000,000通貨
通貨ペア数 28
取引手数料 0円
その他手数料
スプレッド 米ドル/円 : 0.2
ユーロ/円 : 0.4
ポンド/円 : 0.8
両建
法人口座
対応銀行数 380行

現在実施中のキャンペーン

なし

編集部

現在みんなのシストレはキャンペーンはやっていませんが、今後開催される可能性はゼロではありません。

公式HPを見る

野村證券


出典:野村證券

  • 初心者も使いやすい簡単ツールが人気
    野村證券では株式投資で得られたノウハウを生かして、初心者でも扱いやすい簡単な取引ツールを提供しています。サポートも充実していることから初心者でも安心して取引ができます。
  • 「売買シグナルチャート」の利用ができる
    過去のチャート形状との一致率やテクニカル指標から得られる売買シグナルを含んだ、トレーダーの売買の補助として役に立つ「売買シグナルチャート」を無料で利用できます。
  • 専用アプリでスピーディな取引が可能
    パソコンの画面の前にいなくても、外出先でもスマートフォン用のアプリを使って、簡単にかつスピーディーに取引ができるため、いざという時のチャンスを逃しません。

編集部

日本の大手証券会社である野村證券の規模力と安心感は評価できます。

公式HPを見る

口座数
最小取引単位 1,000通貨
最大取引単位 100,000通貨
通貨ペア数 12
取引手数料
その他手数料
スプレッド 相場により変動
両建
法人口座
対応銀行数

現在実施中のキャンペーン

・投信積立キャッシュバックキャンペーン
FXではありませんが、投信積立での買付額50万円の手数料をキャッシュバックできます。期間は2025年12月30日まで有効です。ただし、キャンペーン対象銘柄は決められていますので、事前に確認しておきましょう。

編集部

FX以外でも数多くの金融商品を扱っている野村證券ならではのキャンペーンです。

公式HPを見る

FXのスプレッドに関するQ&A

これまでFXのスプレッドに関する知識を紹介してきましたが、最後にQ&A形式で紹介していきます。FXで利益を出すための条件にもなりうるスプレッドなので、わからないことを放置したりせずに、きちんと理解しておきましょう。

スプレッドはトレードに影響する?

スプレッドが狭いとトレード開始直後のマイナス分が減り、プラスの利益である含み益になるための値幅が少なくなります。つまり、スプレッドが狭ければ狭いほどトレーダーにとっては有利です。

スプレッドが1銭の場合は1銭以上の値動きで利益になりますが、スプレッドが5銭の場合は5銭以上レートが動かないと利益になりません。スキャルピングなどの短期売買のように少ない値幅で利益確定する手法においては、かなり重要になります。

FXのスプレッドによるコストはいつ発生する?

スプレッドのコストは別途支払う必要はありません。ポジションを持ったタイミングでスプレッド分の手数料を払っていることになります。

つまりスプレッドはひとつひとつのトレードの損益に含まれているのです。そのため、トレード回数が多ければ多いほど、スプレッド分のコストを支払うこととなります。

スキャルピングのように1日に何十回もトレードを行う人にとっては、スプレッドは非常に重要になりますが、週に数回しかトレードを行わないトレーダーにはほとんど気になりません。

両建て時にスプレッドは発生する?

両建てとは同じ通貨ペアで買いと売りのポジションを両方持つことをいい、通常のトレードではあまり使用しません。スプレッドは1回のトレードでは必ず必要なコストになりますので、両建てを行った場合は2つのスプレッド分のコストがかかってしまいます。

買いと売りで同じ取引量の両建てを行えば、どんなに通貨ペアの為替レートが動いても、合計損益は両建てをした時点での状態になります。

ただし、スプレッド分のコストは買いの場合と売りの場合の2倍必要となってしまい、スプレッドが急に大きく広がると、広がった分だけ損益が減少しますので注意が必要です。

両建てでは、買いと売りのどちらかを決済するまで、価格変動の影響を受けない状態が続くともいえます。そのためポジションを持ったままの状態から、タイミングを見て先に「買い」「売り」どちらかのポジションを決済し、利益がでているポジションを残すといった取引が可能です。

ただしスプレッドや通貨ごとの金利差スワップポイントの負担などのデメリットがある点には注意が必要です。そもそもFXは価格が上がるか下がるか、価格変動を予測して利益を狙う取引です。リスクヘッジ自体が経済的な合理性を欠く可能性があります。

引用元:松井証券

手数料とスプレッドはどう違う?

FX会社によっては、トレード毎に手数料が必要なところもあります。その場合は、取引量の大小によって金額が決まり、その金額の計算方法は固定です。トレードの損益とは別で計算されます。

それに対して、スプレッドは1つのトレードの中でのコストとして考えられるため、トレードに含まれており、別に払う必要はありません。

しかしながら、スプレッドはいつも固定というわけではなく、変動することもあります。そのため、FX会社によっては原則固定という表現で、スプレッドを固定して安心してトレードができるようなサービスを提供している会社もあります。

取引手数料は、取引に際してFX業者に支払うものです。スプレッドとは異なり、一般的には取引通貨数量などに応じてあらかじめ金額が決まっています。
手数料の徴収方法として、取引を行うごとに証拠金などから差し引く方法のほかに、例えば、システムトレードの利用手数料としてスプレッドの中に組み込む形で徴収する「マークアップ手数料」というものがあります。
これは、取引手数料を為替レートに反映させる仕組みで、手数料分をスプレッドの中に組み込む形で徴収する方法です。

引用元:金融先物取引業協会

スプレッドが狭いFX会社でのおすすめはどこ?

この記事内では22のFX会社を紹介しています。その中で最もスプレッドが狭い会社はSBI FXトレードです。業界で最も狭いレベルと言われるのは、米ドル/円で0.2銭なのに対して、SBI FXトレードでは半分以下の0.09銭です。

1,000通貨までの条件ではありますが、スプレッドが狭いのは事実であり、1,000通貨から1,000,000通貨まででは0.19銭のスプレッドを提供しています。

初心者の人は1,000通貨から始めたほうが好ましく、スプレッド重視であればSBI FXトレードはおすすめのFX会社になります。

1通貨から1000万通貨まで取引可能

SBI FXトレードなら初心者の方も経験者の方も、小口から大口取引まですべて対応しています!

 

 

引用元:SBI FXトレード

提示率とは何か?

提示率とは実際のスプレッドとWEBサイト上で記載したスプレッドでどれくらいの差があるかを示す指標になります。

もし提示率が100%であれば、実際のスプレッドと広告のスプレッドが同じことを意味します。提示率は時間をベースに計算され、24時間同じスプレッドであれば100%です。

どんなに広告で狭いスプレッドを唄っていても、提示率が低ければあまり意味がありません。そのため、FX会社のスプレッドを調べる時には、この提示率も考慮して選択するようにしましょう。

参考:GMOクリック証券

FXのスプレッドまとめ

以上のように、FXのスプレッドに関する知識を紹介してきました。スプレッドはFX会社によっても異なりますし、スキャルピングなどの短期売買には大きな影響を与え重要な指標時や突発的な事件などの時には大きく変動します。

ただ、スイングトレードのように長期投資では、あまりスプレッドを気にすることなくトレードが可能です。しかしながら、スプレッドは取引コストには違いありませんので、狭ければ狭いほどトレーダーには有利なのは事実でしょう。

FX会社を選択する際にはスプレッドも意識して選択するようにしましょう。

▼参考
FXのスプレッドとは?計算方法とスプレッドの狭いおすすめFX会社を比較紹介
FXのスプレッドとは?計算方法や変動する時間、口座比較のポイントまで徹底解説!

コンテンツ作成・文責について

本メディアは株式会社アルゴリズムが調査・作成・監修を行なっております。掲載している情報が当社が独自に調査し、選定したものとなります。本メディアは株式会社アルゴリズムによる運営のため、一般社団法人保険健全化推進機構結心会では本メディアについての窓口対応を行なっておりません。必ず下記のお問合せ窓口へご連絡ください。
本メディアに関連するお問い合わせはこちら