新着活動

東京海上ホールディングス 石炭火力発電所の新規炭鉱開拓保険引き受け停止

  • 2021.10.11
結心会

東京海上ホールディングスは10月から、石炭火力発電向けの炭鉱開発に関する新規の保険引き受けや投融資を停止することが報じられました。

商社などが炭鉱を開発する際には、事故や想定外のトラブルに備えて保険に入ることが事業融資の前提になっていますが、国内のほかの損保会社も追随する公算が大きく、日本企業が関わる国内外の新規の火力発電向け炭鉱開発は難しくなると報じていました。

日本の損害保険会社で炭鉱開発の保険引き受け停止は東京海上が初めて。

兵庫県神河町に保険ショップオープン

  • 2021.09.21
結心会

兵庫県神河町とは神河町が推進するシングルマザー移住計画の中で、シングルマザーを雇用できる保険ショップを出店できないかを模索して来ました。

神河町は過去の取組の中、約20組のシングルマザーがお子様を連れて神河町に移住されてきましたが、仕事がないと生活ができませんので、民間事業の進出を誘致されてきました。

こうした声にこたえていただき、J保険グループ代理店さんが出店していただきましたので、お邪魔して来ました。

神河町役場の方々とも打ち合わせさせていただき今後の展開について打ち合わせさせていただきました。

こうした取り組みを鑑み、結心会が推進する「ローカルSDGsサポーター俱楽部」の部会長をJ保険グループ太田さんにお願いしました。

オンラインでの保険相談も可能となりましたので、従来の来店型保険ショップとは異なるコンセプトのショップが作れればとも考えています。

兵庫県神河町の取組ですので、関西地区の他の保険代理店さん、保険会社さんの支援もいただきたいと考えています。

まずは、最初の一歩が踏み出せました。

J保険グループ代理店さん、ありがとうございます!!!!!

テレビ大阪で神河町が紹介されました

  • 2021.09.2
結心会

今回、テレビ大阪の関西の廃校利用を取材する番組で神河町が紹介されました!

神河町では、廃校を利用した町おこしに取り組んでいます。

兵庫県神河町でミーティング

  • 2021.09.1
結心会

兵庫県神河町にお邪魔して来ました。
新幹線で品川から姫路まで行って乗り換えて約1時間で着きます。

神河町役場で、神河町の方々、但陽信用金庫の方等々と、シングルマザー保険ショップ出店の件、再生エネルギー創出の件について意見交換させていただきました。

何とか形にして新しい地域創生のモデルを構築できればと考えています。

別件ですが、神河町では7月より廃校となった学校の体育館を使っての「コオロギの養殖」が始まります。

たんぱく質を摂取できる昆虫食は今後迎える食料難に対して有効的で、保険代理店で「健康食」として販売したいとも考えています。

8月開催の結心会定例会に「コオロギ養殖業者」に来ていただき講演していただく予定です。

地域創生は広がりがあって面白いですね。

その他、大阪では保険のマーケットをお持ちの方々と打合せして来ました。
新しい取組につながると思います。

朝日放送テレビふるさと納税サイト「ふるラボ」説明会を開催しました

  • 2021.08.31
結心会

8月4日の結心会定例会で朝日放送テレビさんにプレゼンいただいた「ふるさと納税サイト『ふるラボ』への斡旋業務提携について詳細を聞きたいと問い合わせが相次いだため、8月26日に朝日放送テレビさんの浜松町の事務所からオンラインで説明会を開催しました。

11時、13時、15時の3回、同じ内容で再度プレゼンいただくと共に参加者からの質問に答えるという方式で開催し、トータルで40社を超える方々に参加いただきました。

テレビ局初のふるさと納税サイト開設で、テレビ媒体を使ったCM等々がスタートしますが、従来のふるさと納税サイトが先行していますので、地道に誰かが「ふるラボ」使ってと声掛けし誘導する必要があり、ここに保険代理店をプレーヤーとして活用してみようと今回の斡旋業務提携に至りました。

自動車保険や火災保険の更改時にお話しいただいたり、生命保険新規取組の際にお話しいただけるとお金回りの話なのでシンクロ性が高いと考えています。

また既存のお客様にも案内いただければ、顧客サービスの一環とになるかと考えています。

ふるさと納税は毎年10月から12月に集中して利用されます。

ネクタイ派手夫も最近会う方に「ふるさと納税してますか」と聞いていますが、多くの方が節税目的でされていて、最高金額で300万円しているというツワモノもいました。

保険代理店が保険だけを提案する時代は終わっています。

お金回りとしてのふるさと納税の話は、お客様自体関心が高いと思いますし、テレビ局との提携の中で生まれるものもあると思いますので、推進いただければと思います。

ふるさと納税をAという自治体に例えば1億円集まったとすると、50%の5000万円は自治体が翌年度の予算として事業活用する必要があります。

自治体の中には新しい事業を探しているところもあり、この事業自体の提案にも保険代理店が絡むことができると思います。

更に30%の3000万円は特産物等の返礼に使わないといけません。

保険代理店さんのお客様でモノを作っているとかの会社があれば、ここを新しい特産物として自治体と提携させることで、保険代理店が商社化できます。

このように斡旋することで、皆さんが住んでいる自治体と企業と色々な取組ができることになります。

『ふるさと納税サイト「ふるラボ」取扱できます』といった幟を保険代理店の店頭に置くことで新たな来店もあると考えます。

まずは、やってみることが肝要かと思います。

『ふるラボ』のサイトに年収を打ち込むとどのくらいのふるさと納税ができるか表示してくれます。

例えば、年収600万円で入力すると、69,000円が目安と表記されます。

是非、チャレンジしてみて下さい!!
ただし、まだ、入力完了してはダメですよ。
入力できるようになったら改めてご案内しますね。